勘ぐり村

日本語ラップの話、金の話が多い。


いかにモノを安く買うか?
安物を買うわけではなく、あるモノについて、いかに安く買いせしめるか。
これは没落国家をサバイブする我が同胞に課せられた一大テーマであります。

狙っているモノが日用品なのか、家電なのか…。もちろんそのモノの次第にもよりますが、2018年現在において、私の回答は、概ねAmazonに帰着します。

そしてそれは、アマギフ、つまり、Amazonギフト券によるところが非常に大きい。
私はここしばらく、Amazonで商品ページの価格を見ると、その価格から「8%引く」ことをしたうえで、他通販サイトと比較するという行いを、ほぼ無意識的に行っています。

つまりそれは、Amazonギフト券をほぼ恒常的に、「額面の92%」で入手することが可能であるからに他なりません。

Amazonギフト券を筆頭に、各種ギフト券を割安価格で購入することができる「amaten」(アマテン)を、一年以上前から使っています。amatenはウェブサイト上でリアルタイムに売買結果が反映されており、「現在、最も安いギフト券」が上位に表示されるため、定期的に観察することで、どういったタイミングでギフト券が安く買えるのかを把握することができます。

amazonギフト券等の電子ギフト券個人売買サイト-amaten(アマテン)

わずか一年ではありますが、私のこれまでの観測結果から、一つの結論にたどり着きました。

それは、【月初】【土日】【夏】の条件のうち、多くの条件を満たせば満たすほど、概ね、激安のギフト券が流通している、ということです。

この結論をもとに、前述したように私は、常にAmazonの価格から「8%引」いて価格を比較するクセが付きました。額面の92%のギフト券を恒常的に入手することに成功しているからです。

わずか一年のデータですので、最後の【夏】の根拠は不十分であるのですが、【月初】【土日】についてはまず間違いはないと思われます。なぜ突然記事を投稿したかというと、昨日確認した「(額面の)90.30%」という価格が、私の観測史上最も激安のギフト券だったからです。8月11日(土)なので【月初】とは言い難い時期ですが、【土日】【夏】は満たしています。

昨日までで最も激安だったのは2017年の7月2日(日)で、91.10%でした。やはり【月初】【土日】【夏】を満たしています。

逆に最悪だったのは2017年の12月15日(金)で、98.00%です。すべての条件を満たしていないため、当然です。単純に2%割引という点だけを見れば十分オトクな話に見えるかもしれませんが、これは全くオトクではありません。

そもそも、Amazonギフト券がなぜ格安で流通しているかというと、それは「割安でもいいから買い取ってもらって現金化したい」という経済的弱者(含む経済思考的弱者)が存在しているからです。そういった人々がクレジットカードで購入したギフト券を手に入れるということは、直接Amazonでギフト券を購入するより遥かにリスキーです。ある報告によれば、格安で手に入れた珠玉のAmazonギフト券が、ブラックな経済的弱者の御破算により、利用できなくなるというケースもあるようです。そのリスクを背負って2%割引。とても割に合いません。

当該リスクをについては、amatenの利用においてとにかく「必要な時にのみギフト券を購入し、すぐにAmazonで買物に利用する」ことを徹底することで除去するほかありません。少なくとも私は、この方法で今までトラブルに合ったことはありません。

ただ少なくとも、ノーリスクで8%引きなんてことはないということです。ご利用は自己責任で。


DARTHREIDERさんがメインMCを務め、ラッパー達がラポーターとなりニュースをラップで伝えるAbemaTVのニュース番組「NEWS RAP JAPAN」(NRJ)について、プロデューサーの318(高橋良)さんが言及していました。

Abema TVのラップでニュースを読むみたいな番組を昨日YouTubeで初めてちゃんとみたんだけど、めちゃくちゃ面白くないし格好悪い。なんで誰も言ってあげなかったの?Hip Hopがダサいと思われるからやめてほしい



ひどい言われようです。318さんがどの放送回を見て当該発言に至ったかは不明ですが、最新回だとすると呂布カルマさん、COMA-CHIさん、Amaterasさん、Mc.Kj(a.k.a.こりゃめでてーな おお江)さんがラポーターとして参加しているようです。なるほど。318さんの過去ツイートから考えると、ついついCOMA-CHIさんの動向を追ってしまう318さんの愛憎がにじみ出てしまった結果だと思われます。

なお318さんは今回この番組を「初めてちゃんとみた」そうですが、その点でいうと、私などは恐ろしくて、とてもちゃんと見ることすらできません。今回この記事を投稿するにあたってYouTubeの動画を一応再生はしたのですが、音量はミュートにして様子を伺いました。私はダサいラップ恐怖症を患っていて、ダサいラップを聴くと心底気が滅入ってしまい、ストレスとなってしまうのです。ここでいうダサいはただただ主観です。

ちゃんと見ずに批判なんてしていると、ダースレイダーさんに「クズ」の烙印を押されてしまうかもしれません。そういえば、ダースレイダーさんのツイッターでの「クズ」の使い方がモロに宮台真司さんだったのが気になってたんですが、この番組に宮台真司さんが出てたりと、繋がりがあるんですね。納得。

光文社のSmart FLASHが、PUNPEEと元AKB48の秋元才加の手つなぎデートを報じていました。

秋元才加「超人気ラッパー」と早朝5時に手つなぎデート

ルックスがのび太くんであってもトップアイドルと付き合えるという、文化系ヒップホップ・ドリームを実現した、もはやパンピーでもなんでもないPUNPEEさん。これからの活躍が期待されます。

ところで、今、自分でも使ったんですけど、「文化系ラッパー」という言い回しがありますよね。
これと似た「文系ラッパー」って呼称をよく聞くんですけど、昔から意味がわからないんです。

文化系は、大雑把に体育会系の対義語という認識です。ヒップホップの相関図を描く際の、マッチョに対してのナードとほぼイコールに使われるものだと思っています。

一方で、文系っていうのは、文科系の略で、理系の対義語ですよね。理系ラッパーという括りが成立しない以上、文系ラッパーなんて括りになんの意味もないと思うのです。というか、言いたいのはつまり「文化系」のことなんでしょ?と勝手に思ってます。ただ、駿台模試全国3位だとかの宇多丸さんが歌詞で「文系」(BUNKEI)を取り入れているぐらいなので、本当に文理としての文系のことを言いたいのかもしれません。でもそうだとしたら、それってなんか馬鹿みたいじゃないですか?文系・理系と「○系」として二分されるもののうち、そのシーンには(実質的には)一方しか存在しないのに、その一方だけが声高に強調するって。

↑このページのトップヘ