SEEDAさんの主催する、ヒップホップな人々へのインタビューチャンネル「ニートtokyo」のYouTubeアカウントが凍結されていました。


SEEDAさんの仰るとおりなのであれば、警告なしのBANであったことになります。YouTubeは3度目の警告でアカウント停止なんて話を聞いたことがありますし、現在チャンネルに表示される「YouTube の利用規約に違反していたため、このアカウントを停止しました。」の文字列をGoogleで完全一致検索すると数件しかヒットしないので、イレギュラーな形での凍結だった可能性があります。


復活・存続を宣言しつつもかなりの喧嘩腰です。
YouTubeの利用規約には、
YouTubeは、いつでも事前の通知なく、かつ単独の裁量により、本サービス条件に違反する当該本コンテンツを削除することができ、また、及び/又は当該マテリアルを投稿するための本ユーザーのアカウントを終了することができます。
という記載がありますし、問題があると思われる動画の削除等を行ったうえでの低姿勢の応対を行わない限り復活は難しいと思われますが、それをやっちゃあヒップホップじゃないですもんね。むしろF*CK YOUTUBEコンテンツを見てみたいところ。

私自身はトータルで十数本しか動画は見ていないのですが、そのなかでYouTubeコミュニティガイドラインに違反していると判断されうる動画というと、孫GONGさんのドラッグ言及インタビューとか、その辺りなのかなあと。あとは十影さんが二宮和也さんを(冗談で)ディスっていたので、その線での凍結かもしれません。